練馬区でマンション火災!一人が遺体で見つかる!出火原因は!?

この記事は2分で読めます

練馬区で起こったマンション火災で一人が遺体で見つかりました。
出火は3階部分、火元とは別の部屋の女性も軽症。

 

 

◆どこで火災があったの?

練馬区の西武有楽町線・新桜台駅からおよそ200m環七沿いのマンション。
この7階建てマンションが12月4日午後4時半過ぎに出火し一人の遺体が見つかりました。
火元はマンションの3階部分から出火した。火元の部屋には70代の女性が一人暮らしで住んでおり、
遺体がこの女性であるとみて身元確認を行っているとのこと。
また別の部屋に住む女性も煙を吸うなどして軽傷を負ったようです。

 

 

◆どれくらいの火災だったの?

消防庁のポンプ車やハシゴ車など合わせて22台程が出動し消火活動を行ったが、
消火に約1時間半ほどかかり、3階部分の30平方メートルが焼ける火災となった。

 

 

◆出火原因は?

出火原因については現在身元確認と同じく調査中とのこと。
予想になるが、火災が起こったのがまだ外も明るい午後4時半頃、出火場所は3階部分なので、放火などの可能性は低そう。
台所などの不注意か不具合などが原因で出火したのではないだろうか。(あくまで憶測ですが。)

Sponsored Link


 

 

◆気になる点は?

遺体が見つかったのはベランダとのことでした。
うーん、出火前にベランダに居たことで出火に気付かなかったのか、
あるい出火に気付いた後、逃げようとしてベランダに出たのか。。

気付くのが遅れたのでしょうか?助けを呼べる状態ではなかったのだろうか・・

 

ちょっと気になる点がまだまだ残っていますね。

 

 

◆まとめ

火災というのは、本当に不幸な事件ですね。
今時、簡単に火を使うことができる時代ですが、それゆえ危険も増えたということでしょうか。
すべての家に火災探知機、消火器が付けばいいんですけどね・・
そんなことが今後叶えばいいのに・・と火事が起こるたびにしみじみ思ってしまいますね。
日本の消防士は優秀だと思いますし、消火活動も素晴らしく早いのですが、それでも火災の被害というのは大きく簡単には止められません。
出火場所だけでなく周りの家にまで被害がでてしまいます。今までの記念ものや思い出まで一緒に無くなってしまうのです。
便利な世の中ですがあと一歩足りない部分があるような状態ですね。

 

今後火災が減るような装置が配備され、国民が安心して眠れる世の中になることを願います。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ナノナイフ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。