実写ドラマ「お迎えデス。」GSGとは?田中メカ原作との違いは!?

この記事は2分で読めます

お迎えです。

田中メカ原作の「お迎えです。」が実写化!
「お迎えデス。」のタイトルの違いは何?
主人公がしている極楽送迎(GSG)ってどんなアルバイト?

 

Sponsored Link


 

 

◆お迎えです。ってどんな漫画?原作とあらすじ

お迎えです。は月間LaLaで連載された幽霊の物語となった漫画です。
幽霊が出てくるお話しだが、ホラー映画みたいな怖いストーリーという訳ではありません。
笑いあり涙ありのラブコメディといった感じでしょうか。
あらすじは幽霊を見る能力をもった大学生、堤円(つつみまどか)が、
ウサギの着ぐるみを来た男性(ナベシマ)と幽霊のおじいさんがもめているところに遭遇します。
ウサギの着ぐるみを来たナベシマは死神であり、幽霊を成仏させる仕事をしていることを堤円(つつみまどか)に伝える。
そして幽霊をあの世に送る仕事を堤円(つつみまどか)に誘う。

 

 

◆実写ドラマ「お迎えデス。」主演俳優や女優について

お迎えデス。
実写ドラマのお迎えデス。の主演を務めるのは「福士蒼汰」さんと「土屋太鳳」さん。
「福士蒼汰」さんは堤円(つつみまどか)役。「土屋太鳳」さんは阿熊幸(あぐまさち)役ですね!
二人とも良い役者さんなので演技にも期待が持てそうです!
うさぎの着ぐるみを来た死神(ナベシマ)には鈴木亮平さん!
初回から最終回まで見逃せないドラマになりそう!

Sponsored Link


 

 

◆原作のお迎えです。とタイトルが違う理由は?

原作との違いで一番初めに気付くところは、タイトルの違いですね。
原作「お迎えです。」に対して実写ドラマのタイトルは「お迎えデス。」となっています。
深い意味があるのかは定かではないが、若干ストーリーの違いやドラマではオリジナルのストーリーがあることは期待できそうです。
現世に未練が残っている幽霊さんをあの世に送る「GSG」のアルバイトを二人がどのようにこなしてゆくのか。
見どころが満載で目が離せませんね。

 

 

◆お迎えデス。のGSGとは?

お迎えデス。で登場するGSGは幽霊をあの世に送る仕事のことです。
「GSG(極楽送迎)」のアルバイトをすることになった堤円(つつみまどか)は、そこで働いていた阿熊幸(あぐまさち)と出会うことになる。
序盤は相性が合わず反発し合うが徐々に成長するにつれて認め合ってゆく・・・。

 

 

◆お迎えデス。ピンクのうさぎの死神(ナベシマ)のグッズは?

お迎えデス。のドラマ公開で流行りそうなグッズといえば、やはりピンクのうさぎの着ぐるみ!
つまりナベシマのグッズが人気でそうですね!
ドラマ放送に合わせてぬいぐるみやストラップなどナベシマのうさぎは販売されるのではないだろうか。
身に着けやすいキーホルダーやストラップは可愛いくて人気がでそうですね。
こちらは別記事で更新しようと思います!

 

 

◆まとめ

5巻完結で刊行されていた田中メカさんの「お迎えです。」が実写ドラマになるとは、期待が高まりますね。
原作とはタイトルが若干の違いがあり、ストーリーもドラマオリジナルの展開が楽しめそうです!
現世に未練を残してしまった幽霊をあの世に送り、成仏させるお仕事「GSG(極楽送迎)」。
ホラー映画でよくある現世に未練を残した怨霊による呪いなど怖い話もよくあるが、そうならないためにも未練を無くして成仏してほしいですね!
現世のため、あの世のため、そして幽霊自身のためになる心温まるストーリーは見逃せませんよ!
この「GSG」のアルバイトを通して反発し合っていた堤円(つつみまどか)と阿熊幸(あぐまさち)が絆を深めてゆくという展開も楽しみですね!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。