甘党モモンガが危ない!?甘い物のために危険地帯に飛び込む!?

この記事は2分で読めます

オオフクロモモンガ

甘党モモンガってなーに!?甘いものを求めて空を飛び回る!?
「ダーウィンが来た!」で放送された甘党モモンガことオオフクロモモンガ!
ペットとしても飼えるの!?生息地寿命なども調べてみました!

 

Sponsored Link


 

 

◆甘党モモンガとはどんな動物なの?生息地は?

「ダーウィンが来た!生き物伝説」で紹介された甘党モモンガは、フクロモモンガの仲間で正式には「オオフクロモモンガ」と言います。
森林に生息していて、ユーカリの木などを住処にしています。
また、ペットとして飼育することもできるそうですが、売っている場所は少ないようです。
近くのペットショップに行けば買える!なんてことはないみたいですね・・・
珍しい動物を扱っているようなお店を探すしかないかもしれません。

 

 

◆オオフクロモモンガが甘党モモンガと呼ばれる理由

甘党モモンガことオオフクロモモンガは「甘党」呼ばれている通り、大の甘いもの大好きさんなんです。
特にユーカリの木や花の蜜を舐めて過ごしています。
基本的に春の花が咲く時期には花の蜜を探して飛び回ります。
ユーカリの花は木の場所が近くても花が咲く時期が微妙に異なっていて、さらに1週間ほどしか咲いていません。
オオフクロモモンガはそのちょうど咲いている花を求めて蜜を舐めるために飛び回るのです。

冬場などのユーカリの花が咲かない時期には木の樹液を求めて空を飛び回ります。
季節によって甘いものを使い分けているんですね!かしこい!

Sponsored Link


 

 

◆甘党モモンガ・オオフクロモモンガの事故

甘党モモンガことオオフクロモモンガが空を飛んでいるときに事故にあうというケースは意外と多くあります。
特に木から木へと空を飛んでいくので、一番多いのはやはり電線でしょう。そして有刺鉄線に引っかかってしまうことも多いようです。
外敵から身を守るためにも木の上で生活をするモモンガですから、あやまって電線や有刺鉄線などに引っかかってしまい、地上に落ちるということは大変危険です。
しかしこのような危険な場所や道路なども、その向こう側に樹液の出るユーカリの木や花があると、飛び越えていこうとするようです。
甘いもののためなら危険なところへも飛び込んでいってしまうんですね。
私としては、気持ちは分かってしまうけど、安全第一ですよ甘党モモンガさん・・・。

 

 

◆甘党モモンガ・オオフクロモモンガの寿命は?

甘党モモンガことオオフクロモモンガの寿命は野生か飼育されている場合かにもよりますが、
野生の場合だと7年前後、飼育されている場合だと15年前後と犬などと同じくらいの長生きさんですね。
余談だが、水はとても苦手なようです。
基本的には木の上を飛び回って生活していますが、誤って池などに落ちると体温が下がって死んでしまいます。

 

 

◆まとめ

「ダーウィンが来た!生き物伝説」で紹介されたオオフクロモモンガは甘いものが好きな甘党モモンガでした!
ユーカリの樹液や花を探して木から木へ空を飛んでいきます。
住処も木の上で敵から身を守って生活するようですね。
甘いものを求めて道路などを越えて飛ぼうとするので、電線や有刺鉄線の引っかかって死んでしまう事故も多くあります。
犬や猫のように寿命は結構長いのでペットとして欲しいかたもいますが、ペットとしてお店をしっかり調べないと難しいようですね。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 怪盗山猫
  2. お迎えです。
  3. 首長族 カヤン族
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。