NHK杯、女子フィギュア優勝は宮原!浅田は3位でGPファイナル進出!

この記事は2分で読めます

11月28日NHK杯女子フリースケーティングが行われました。
ショートプログラムで4位の浅田真央、試合前にはやや緊張ぎみ?の顔を見せていたように思えます。
相当なファンの応援や期待を背負っているプレッシャーは、やはり計り知れないことだろう。
そしてフリーの演技開始後は、トリプルアクセルの回転ミス、続くジャンプの着氷ミス、
と少し惜しいところがありました。
浅田本人は演技終了後には少し残念な素振りは見せていたものの、
演技を振り返り新たな気持ちで見直していくと前向きな発言をしている。

 

 

とは言え今回も得点は120点の高得点を記録しショートプログラムとフリーのトータル182点!
結果は巻き返しの3位となった。
やや悔しいところは残りますが、それでも表彰!さすがだと思います。
今後の彼女にももちろん期待して応援していきたいと思います。

 

 

そして前日のショートプログラムでトップの宮原、フリーでも回転・演技ともに最高の滑りをみせ、
得点は133点!ショートプログラムとフリーのトータル203点を記録!初優勝を果たしました!
まだまだ高校生の歳にしてこの実力と才能はとても素晴らしいですね!
もちろん努力もすさまじいものなのでしょう。これからのフィギュア盛り上げてくれること間違いなしでしょう!

Sponsored Link


 

 

両者ともに12月に行われるGPファイナル進出が決定したことですし、
浅田と宮原のダブル表彰は本当に喜ばしい限りでした!まさに最高のNHK杯です!

 

 

それともちろん忘れてはいませんよ!
男子フィギュア!素晴らしい!一言じゃ表せないほどですね!
羽生結弦がショート、フリーともに最高の演技をみせてくれましたね。
なんといっても世界最高得点を更新!322点ととんでもない得点を叩き出し優勝を果たしました!
彼のキレと安定感のある回転、さらに柔らかい体がみせる演技はやっぱりどの選手とも一味も二味も違います。
本当に「素晴らしい才能」と言ってしまうと逆に失礼かもしれませんね。
血のにじむ練習と努力の末の結果そして周りの応援があってこそ実現したスコアでしょう。
王者としてのプレッシャーも半端ないほどだと思います。
それを乗り越えることができるメンタル。。私にも下さい(笑)
余談ですがコーチとの関係も和ましいものがありますね!
そんな信頼関係があってこその良い練習ができている気がします。
ぜひともこれからも良い関係性を築き、日本の代表として良い選手でいてほしいと願います。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. テロンチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。