硫化水素は人体に有害?夫殺害に硫化水素を発生させた妻が逮捕!

この記事は2分で読めます

素人でも硫化水素って簡単に作れるの!?「混ぜるな危険!」

人体に有毒な物質、硫化水素中毒の症状や発生するものについて調べてみた!

脳細胞を破壊する有毒性!?後遺症で記憶障害も!?

 

Sponsored Link


 

 

◆入浴中の夫を硫化水素で毒殺しようとした妻が逮捕!

逮捕されたのは硫化水素を発生させ入浴中の夫を殺害しようとしていた32歳の妻、吉田容疑者。
異臭に気付き浴室を逃げた夫は寝室で倒れていたという。
その後自宅に異臭がすると妻が119番通報していたようだ。
妻が発生させた硫化水素の被害にあった夫は硫化水素中毒となり、命に別状はないものの9日間入院となる重傷。

 

 

◆硫化水素は簡単に作れるの?硫化水素の発生方法は?

調べによると、硫化水素は塩素系の洗剤と入浴剤を混ぜて発生させた模様。
これは人体に有毒な物質で腐卵臭があるという。
石油工場などの硫黄を取り除くために水素添加し硫化水素が発生します。
また火山などでも発生するようです。

 

それにしても洗剤や入浴剤を混ぜるだけで簡単に硫化水素を作ることができてしまうんですね。

洗剤とかに書いてある誰でも聞いたことがある言葉「混ぜるな危険!」はまさにこういうことですね。

 

◆硫化水素は有害?硫化水素中毒で人体への影響は?

硫化水素は人体に様々な症状をもたらす有毒な物質です。
高濃度の硫化水素となると脳神経細胞に作用し、意識障害、呼吸麻痺などを起こします。
また眼に光輪、視野不明瞭などの症状が起こる。
鼻にも粘液に直接作用することで細胞に障害を与えます。それに伴い痛みや炎症が起こります。

Sponsored Link


 

 

◆硫化水素中毒はどんな症状や障害があるの?死亡するの?

硫化水素中毒は低濃度でも長時間となると、発疹や化膿創があります。
高濃度になると皮膚の障害や、脳に直接作用することで大脳皮質や延髄の機能停止。
呼吸麻痺なども起こり死亡に至る。

 

たとえ死亡しなかったとしても脳細胞の破壊により痴呆症などの後遺症が残ります。
また、視力低下(最悪の場合失明)や聴力、言語障害、運動機能障害や記憶障害の可能性もあります。

 

 

◆まとめ

夫の入浴中に硫化水素で殺害しようとしていた妻が逮捕された事件だが、殺害方法が怖すぎますね。
例えどんな方法でも許される訳ではありませんが、硫化水素を発生させるというのは素人が思いつくような犯行ではない気がしますね。
どこから殺害方法を入手したのか・・。やはりネットで人体に有毒な物質を探していたのですかね(汗)

 

この硫化水素は火山などの天然でも発生するものですが、非常に人体に有害で危険なものです。
視力や聴力の障害はもちろん、脳細胞を破壊し脳障害にもなるそうなので、たとえ命を取り留めたとしても後遺症の可能性もある模様。
被害にあった夫は9日間入院し命に別状はないとのことだが、後遺症などが心配である。
自殺の動機などは見つかっておらず夫婦間のトラブルで捜査を進めているようだ。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ナノナイフ
  2. メラニズムのライオン
  3. 先天性色素欠乏症 アルビノ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。