長野駅周辺で透明の犬が出没!?吠えるのに見えない犬の正体は!?

この記事は2分で読めます

長野駅周辺透明な犬が出没すると話題となっている。姿は見えないが透明な犬は存在する!?
手足や頭は見えないが、可愛い服を着ているので小さい犬か?見えない犬の正体について!

 

Sponsored Link


 

 

◆透明な犬は存在する?どこで見れるの?

透明な犬は長野駅周辺で出没しているようだ。
飼い主のアキットさんが透明な犬を連れて散歩をしている姿が目撃されている。
通りすがりの人も、異様な姿を見かけると、とても不思議そうにし、写真で撮影しようとする方もいる。
近寄ってなでさせてくれたりと、みんなを和ませてくれている。

 

 

◆透明な犬の特徴は?吠えたり水を飲む音が聞こえる?

姿が見えない透明な犬だが、透明な犬がいるという存在は確認できます。
透明な犬は可愛らしい服を着ているので、犬の体にそって服が見えるのです。
犬の顔や足は見えないので、空中に服が浮いていて、飼い主からリード(犬用の紐)で繋がれている状態になっています。
さらに、吠えたり、水を飲む音が聞こえたり、愛想を振りまいてるような動きが見て取ることができます。
姿が見えない犬なのにとってもかわいいですよ!(笑)

Sponsored Link


 

 

◆長野駅周辺に出没する透明な犬の正体は?

服を着た透明な犬で、姿は見えない。
透明な犬は、顔や手足が見えないので、服が宙に浮いている不思議な姿となる。
この透明な犬は吠えたり、泣き声が聞こえるので、見かけたらぜひ可愛がってあげましょう!
さて、透明の犬の正体だが、4歳からマジック(手品)を始めたマジカルアーティストの魔法使いアキットさんが作った犬のようだ。
通りすがりの人にもなでさせてくれたり、写真を撮らせてくれたりと親切に対応しているようだ。

 

 

◆透明の犬を飼っている理由は?魔法使いのアキットとは?

透明な犬を作ったきっかけは、中学時代に友達の飼っていた犬が亡くなったしまい、得意だった手品で生き返らせてと頼まれたことが理由のようだ。
この中学時代に初めて透明な犬を作ったとのこと。
何か自分にできることはないだろうかと考え、思いついたようだ。
魔法使いアキット(本名:橋本憂)は今後もサプライズで「小さい幸せの種」が撒けたらいいなとコメントした。
主にアキットさんは東京や長野でショーを行っている模様。
機会があれば一度は足を運んでみたいショーだ。

 

 

◆まとめ

透明な犬の正体はマジカルアーティストである「魔法使いアキット」さんが作った犬だ。
見る人の心を和ませてくれますね。
なでたり写真を撮らせてくれたりと優しく対応しているようだ。
中学生の時に友達の犬が亡くなったことをきっかけに、手品で生き返らせたいという気持ちで誕生したようだ。
手品でどこからか吠えたり水を飲んだり、骨のおもちゃを加えたりとあらゆる仕掛けがしてある模様。

これからもサプライズで幸せの種をまき続けてくれることを願います。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。