軽井沢でスキーのツアーバス転落!乗客が心配停止!?事故の原因は?

この記事は2分で読めます

昨夜東京都から出発斑尾高原スキー場行きツアーバスが長野県軽井沢町で崖に転落し乗客が重軽傷や心肺停止。
スキー客を乗せたバス転落事故の原因は?路面状態などから調査。

 

 

◆スキーのツアーバス転落!軽井沢のどこ?現場の状況について

ツアーバスの転落事故が起こったのは長野県軽井沢町の国道18号碓氷バイパスの入山峠付近とのこと。
現場は緩いカーブだがバスはセンターラインから外れガードレールを突き破ったようだ。
ガードレールを突き破った後、5メートル程の崖に転落した模様。

 

 

◆軽井沢でスキーのツアーバスが崖に転落した事故の原因は?

原因については現在調査中だが、センターラインから外れガードレールを突き破ったようなので、運転ミスという訳ではなさそうだ。
ましてやプロの運転手な訳ですから、仮に運転ミスがあったとしてもぶつかる程度で済むだろう。

通常はツアーの運転手とナビゲーターの二人体制で運転を行っているのだが、転落事故の前に不審な点に気付かなかったのだろうか。
ちなみに事故当時の路面の状態は特に凍結などはしていなかったようなので、スリップしたという訳ではなさそうだ。
また、上空からの映像だと急ブレーキの跡も残っているように見えない。

前方不注意・・というよりは居眠りの可能性があるのではないだろうか。
長時間の運転があるトラックの運転手などでよく起こる症状だが、運転しているつもりでも無意識に寝ている状態があるという。
体は起きていても脳が寝てしまっている状態ですね・・。

Sponsored Link


 

 

◆軽井沢のツアーバス転落事故でけが人や死亡者の状況は?

現状では二人死亡11人心肺停止の模様。
心肺停止の乗客が多数いるため、今後死者が増える可能性もある。
他の乗客も重軽傷を負っているようだ。

 

 

◆軽井沢で起こったツアーバスの転落による乗客への補償は?

バスは東京のツアー会社「キースツアー」が運営しているとのこと。
通常補償というものは用意されていないが、事故などの災害時に適用される保険が500円ほどで加入できるようになっている。
申し込みの際に指定することで受けることができるようだ。

安く済ませたいという気持ちもあるが、やはり保険は必要だ。何か起こる前に備えておくべきだろう。

 

 

◆まとめ

長野県軽井沢町で起こったツアーバスの転落。
運営しているのは東京の「キースツアー」とのこと。
これまでのツアーバスが転落した現場状況は、死者2人心肺停止11人その他重軽傷を負っている模様。
転落の事故当時の路面状態は特に路面凍結などはなかったようだ。
上空からの映像ではブレーキ痕も見られないため、居眠り運転の可能性があるのではないだろうか。

乗客の約40名が重体となる悲惨な状況に胸がとても苦しい。
冬の時期にはスリップなどの事故も増えるが、なにはともあれ安全が第一。
無事に旅行できることを願うばかりだ。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. メラニズムのライオン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。