クレーンゲームの景品口から窃盗!センサー無いの?犯人の逮捕は!?

この記事は2分で読めます

若い男女がクレーンゲームに潜り込み、景品口からぬいぐるみを「わしづかみ窃盗」した動画がツイッターに投稿された。
警報装置やセンサーの反応は無かったのか!?窃盗犯は逮捕されたのか!?

 

Sponsored Link


 

 

◆クレーンゲームの景品を窃盗した犯人について

神奈川県川崎市のゲームセンターでUFOキャッチャー(クレーンゲーム)での窃盗事件が起こった。
窃盗犯は3人組の男女のようだ。
そのうち二人は20代くらいの若い男女、もう一人は更に小さい小学生くらいの子供のようだ。
この小学生くらいの子供が小さい体型を利用して窃盗を行ったのだ。
動画には女性の後ろ姿も移されており、笑い声などが聞こえる。

 

 

◆どうやってクレーンゲームの景品を窃盗したのか

通常は100円や200円でゲーム機にお金を入れることで、クレーンで景品のぬいぐるみなどを狙う遊びだ。
誰もが一度はプレイしたことがあるのではないだろうか。
なかなか簡単には景品をつかむことができず、悔しい思いをしたという人が大半だろう。
しかし、今回の窃盗犯はお金を入れるどころかクレーンゲームの景品口から潜り込み景品をつかみどりしたのだ。

 

 

◆クレーンゲームで窃盗防止用のセンサーや警報は無いのか?

この男女3人組によりクレーンゲームの窃盗が行われたゲーム機にも、センサーが取り付けられており、数秒ほど手をかざすと警報がなる仕組みになっていた。
本来は景品口から手を差し込み、景品のぬいぐるみなどを下から手で取ろうとするとセンサーが反応するはずなのだが、今回の犯行はセンサーが反応する間もない一瞬だったため、警報がならなかったようだ。
センサーも手をかざすと反応するようなタイプのようで、トイレなどの手をかざすと水が流れる装置を思い浮かべて頂くと分かりやすいかもしれない。

Sponsored Link


景品の取り出し口に体ごと潜り込んでいたにも関わらず、センサーに触れたのが一瞬だったために反応しなかったとは・・・
センサーの改良をしなければならないようだ。

と言っても、もともと窃盗なんてする人がいなければセンサーも必要ないのだが(笑)

 

 

◆クレーンゲームの景品取り出し口から潜り込んだ窃盗犯の逮捕は?

犯行が一瞬だったため、センサーが反応しなかったとはいえ、防犯カメラにはしっかり映っていたようなので、犯人が捕まるのも時間の問題だろう。
Twitter(ツイッター)にて投稿された動画をもとに警察が捜査を進めているようだ。

 

 

◆まとめ

景品の取り出し口から潜り込んで景品を取るとは・・・なんとも大胆な窃盗犯でしたね。
まぁ欲しい景品がなかなか取れなくて、あの取り出し口から~なんてちょっと考えてしまうのは分かるかも(笑)
しかし、気持ちは分かりますが絶対にダメです!(汗)

ですがこのクレーンゲームの窃盗犯は、はじめからお金を入れて取るつもりなんてない様子。
この店舗の防犯カメラだけでも数度繰り返しているようなので、実際の被害店舗はもっと数多いだろう。

 

クレーンゲームは、なかなか取れないからこそ取れた時に嬉しいものなんですよ!
「買った方が安い」というのは分かっていてもそれは違うんですよね!(笑)

ましてや、クレーンを使わないで、「わしづかみ」は許しちゃいけない窃盗です!

 

みなさんもマナーとルールを守って遊びましょうね!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. メラニズムのライオン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。