プリウスの燃費を超える!?マイルドハイブリッドの原理は何!?

この記事は2分で読めます

ハイブリッド車に革命!?トヨタのフルハイブリッドスズキのマイルドハイブリッドの違いは!?
マイルドハイブリッドの燃費や原理について調査!

 

Sponsored Link


 

 

◆ストロングハイブリッドとは?

トヨタのプリウスなどに搭載されているタイプのシステムをストロングハイブリッド(フルハイブリッド)という。
このタイプは大きな電池とモーターで蓄電によって走行できるものである。
トヨタのハイブリッド車の代表車種ではプリウスやエスティマなどが有名。
走行条件に応じて、エンジンと電動モータで出力配分を行うことで理想的に走行することが可能になる。
このシステムではエンジンと電動モータの2つの組み合わせにより燃費が飛躍的に向上させることができます。

 

 

◆マイルドハイブリッドの原理は?

マイルドハイブリッドはマイクロハイブリッドとも呼ばれる。
これはプリウスのように蓄積された電気によって走行する方式とは少し違うようだ。
マイルドハイブリッドの場合エンジンを主要動力源とし、駆動時に小型の電池とモーターでサポートする方式だ。

ストロング方式とマイルド方式を比較すると、ストロング型は大きな電池とモーターなのでエンジンを停止した状態でも電気自動車モードで走行できる。
これに対しマイルド方式では小型の電池とモーターを使用しているので、電気自動車モードで走行することはできない。

Sponsored Link


では、ストロング方式の方が普及しやすいのではないか?というとそういう訳でもなさそうだ。
プリウスのようなストロング型の場合、開発費用や製造の時間的なコストも割高となり、現状では販売価格も高額となる場合がほとんどです。
しかしマイルド型であれば比較的に安価での費用になるようだ。
これによりストロング型に近い性能を持ちながらリーズナブルで手に入るハイブリッド車として普及が広まっていくのではないだろうか。
メーカーだとストロング型のフルハイブリッドを開発しているのは主にトヨタやホンダ、マイルドハイブリッドに力を入れているのはスズキとマツダ。

 

 

◆フルハイブリッドとマイルドハイブリッドの燃費はどちらが良い?

フルハイブリッド(フルHV)とマイルドハイブリッド(マイルドHV)の燃費を比較すると、フルハイブリッドの方がやや優勢のようだ。
マイルドハイブリッドはフルハイブリッドの燃費には少々及ばないようだが、燃費を含め全費用を計算すると結果的には割安で済むとスズキの開発者も自信を見せている模様。

 

全体的な総費用がストロング型のフルハイブリッドよりも安くなるのであれば、自然と普及へ向かうのではないだろうか。
プリウスのようなハイブリッド車だけでなく、馴染みやすいリーズナブルなハイブリッド車も普及するのは間近だろう。

 

 

◆まとめ

マイルドハイブリッドの燃費はフルハイブリッドには少々劣るようだが、マイルドハイブリッドの原理は低コストで開発及び製造をすることが可能であり、
販売価格もフルハイブリッドに対し比較的安価で入手することが可能。
燃費含め総合的なコストはプリウスなどのフルハイブリッドに比べ、マイルドハイブリッドの方が優勢になるのではないだろうか。
結果的に安価になるのであれば普及も近いと予測される。
新型のマイルドハイブリッド車では、スズキの「ソリオ」が新しいモデルとなっている。

今後ハイブリッド車の普及により環境問題も改善されることを願っています!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. テロンチ
  2. ヒョウモンダコ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。