ナットキングコールの娘ナタリーコールが死亡!?死因は中毒?

この記事は2分で読めます

「ナタリー・コール」はアメリカの有名ジャズボーカリスト「ナット・キング・コール」の娘で、グラミー賞を受賞するなど活躍の幅を見せていた。
先月にロサンゼルスの病院にて65歳で亡くなりました。ナタリーコールの死因は?!もう一度聴きたいナタリーコールの曲!

 

Sponsored Link


 

 

◆ナット・キング・コールとは

元々はピアニストとして活動を始めたナットキングコール。
ピアノ・ギター・ベースで「ナット・キング・コール・トリオ」を結成し話題を呼ぶなど音楽の活動を広げた。
さらに歌声をかわれ、歌手としてヴォーカリストの活動を始めました。
ナットキングコールの綺麗な歌声はすぐに広まり「Straighten Up and Fly Right」など大ヒットの曲を数多く産みだした。

 

 

◆米歌手のナタリー・コールとは

ナタリーコールは、ナットキングコールの娘で、父親の音楽の才能を受け継いでいだ素晴らしい歌手。
父親のナットキングコールとは幼少期から音楽活動を共にするなど親子の絆がとても深かったようだ。
「This Will Be(ディス・ウィル・ビー)」がヒットし、グラミー賞で最優秀新人賞を受賞しました。
しかしナタリーコールの音楽活動が話題を呼ぶ中、彼女は薬物などに依存するようになり活動を休止してしまう。
ファンも多く付いていた中、とても衝撃な出来事だった。

Sponsored Link


その後、ファンの期待に応え薬物依存などを克服すると、父親が残した音源の「アンフォゲッタブル」で父との共演をし、たちまち話題を呼ぶと「グラミー賞の最優秀レコード賞」を受賞しました。
親子の愛があふれる音楽と、ナットキングコールとナタリーコールの「美声」には誰もが心を打たれるでしょう。

 

 

◆ナタリー・コールの死因は?

父親のナットキングコールや、溺死による息子の死によりうつ病になったナタリーコールはコカインなどの薬物中毒になった。
そして薬物更生施設にて治療をしていたがC型肝炎を発症してしまう。
これにより肝臓移植手術などを施していたが、手術後の合併症により健康問題が起こっていた模様。

 

 

◆まとめ

父親ナットキングコールとその娘ナタリーコール共に素晴らしい音楽家でした。
落ち着きとリズムの良いテンポのジャズは聴く人を魅了し、心からの安らぎを届けていました。
また彼女を襲った不幸により、中毒になってしまうなど辛い人生ではあったが、華々しい歌声は数々のグラミー賞を受賞し、歌を聴くファンに力を与えてくれました。
ナタリーコールの透き通るような美声、まだ聴いたことが無い方も一度は聴いてみる価値があるはずですよ!

長年の闘病のすえ亡くなってしまったナタリーコールだが、彼女の歌声と名誉は今後も永遠に残ることだろう。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。