新年に家1000軒が燃える大火事!?厄除けの祝い花火が原因!?

この記事は2分で読めます

フィリピンでは新年を祝う花火などが行われているが、これにより大火災が発生した模様。
ケガ人は大丈夫か?厄除けの花火のはずが厄を呼ぶことに・・!?

 

Sponsored Link


 

 

◆火災が発生した原因は?

フィリピンの首府マニラでは新年にお祝い厄除けとして花火などを使う演出する習慣がある模様。
しかしこれにより、火災が発生し家が燃えるというなんとも悲しい事件が起こった。
習慣では厄除けのために行うようだが、それが災いになってしまうとは・・

 

 

◆フィリピンの火災の規模とけが人は?

報道によると家1000軒ほどが焼ける被害となったとのこと。
これにより300人以上のけが人も出ているようです。

せっかくの新年のお祝いにけが人が出てしまう行事とは・・大変危険な行事となってしまったようだ。
調べによるとフィリピンの厄除けのお祝いには花火だけではなく爆竹なども使うようですね。
年明けから派手で大きな音を出して盛り上がるようですが、やりすぎには十分注意が必要です。

 

300人以上のけが人というと、小さな台風なんかよりずっと大きな被害ですよね。。
大きめの地震ぐらいの規模の被害者でしょうか(笑)

賑わうのも大事ですが、中には若者だけではなく、年寄りや子供も被害にあってしまうでしょうし、体制の見直しが必要かと思われます。

Sponsored Link


 

 

◆フィリピンの新年の花火ってどんな感じなの?

このフィリピンの新年を祝う花火の規模は物凄いです!
一か所だけではなく、全国各地の街中が花火だらけになります。
更にこの花火、実は年明けからというわけではない模様。
既に年末から年明けムードで気分が盛り上がっているようで、28日ごろから花火が打ち上ったりしてしまっているようです(笑)
そこらじゅうが花火だらけになって新年をお祝いするという、楽しい行事とのこと。
しかし今回のように火災を発生させてしまわないように、今後は十分に注意をしながら続けてほしいですね。

 

 

◆まとめ

フィリピンの新年を祝う花火には厄除けなどの意味も込められているとのこと。
年末から新年にかけて街中が花火だらけになる新年の1番に盛り上がる大行事です。
この新年の大イベントの花火が原因で今回は大きな火災が出てしまい、家が1000軒ほど、けが人300人以上が出てしまった模様。
心配なのは、火災が起こった時に逃げられた人は良いとしても、年寄りや子供は逃げ遅れる可能性も十分にあります。
花火をする際には火に細心の注意を払って行っていかないと今後もこのような火事が絶えないでしょう。
新年のお祝いなので、めでたい日に死人が出るなんてことが起こる前に対策を考えるべきでしょう。

 

とは言え街中花火だらけとは・・・ぜひ見ておきたい景色ですね。
日本だと「花火といえば夏!」という印象ですが、場所によっては冬でも行われる時もありますし、冬の花火というのもまた綺麗ですよね。
花火は綺麗なものです。綺麗で気分の良いまま終わらせるためにも皆さん火にはしっかり注意しましょうね!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 先天性色素欠乏症 アルビノ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。