整備しないまま離陸?旅客機炎上で墜落!爆発事故の原因は?

この記事は2分で読めます

世界衝撃映像で報道の旅客機が炎上し墜落した事故について爆発原因を調査!
燃料引火の原因と爆発までの経緯は?!

 

Sponsored Link


 

◆旅客機の爆発事故について

世界衝撃映像100連発で放送された旅客機の墜落事故は、整備がされないままの離陸により起こった。
燃料タンクに引火し飛行機は大炎上、その後爆発し、そのまま墜落しました。

よくあるのが、飛行機の事故と宝くじが当たる確率なんてものが比較されていますが、当たるならもちろん宝くじにしてほしいものです(笑)
他の乗り物に比べると飛行機の事故の可能性は断然低いと言えますが、事故が起こって助からない確率が断然高いのも飛行機なのです。
宙に浮いて飛ぶ乗り物なんて、人類が誇る最高の技術ですが、時として大惨事を招いてしまうのも事実。

細心の注意を払って準備を整えて頂きたいですね。

 

 

◆墜落した飛行機の整備状況は?

この爆発事故で墜落した旅客機の整備状況はと言いますと、今回の原因ともなりますが整備がされてなかったようです。
整備不良のまま発車し、離陸してしまったために起こった最悪な事故でしょう。
空の上ではすぐには修理ともいきませんし、奇跡でもない限り無事着陸もできずに、そのまま墜落してしまう可能性が非常に高くなります。

Sponsored Link


 

 

◆燃料タンク引火の原因は?

今回の事故は車輪部分からの発火による引火の模様。
整備されていないまま滑走路を5キロメートル走行し車輪部のタイヤと油圧オイルが発火しパンク、それによりもう片方にも負荷がかかり発火したとのこと。
そのまま燃料タンクにも引火したことで爆発に至った模様。
タイヤの空気圧も十分ではなかったようですね。一つの見落としからでも大惨事になってしまうのが、飛行機の怖いところ。
乗客の何十人、何百人もの人が一瞬で亡くなってしまいますし、墜落した場所も街中であれば更に被害は大きくなります。

この事故後には車輪部への温度センサーの設置や、空気圧の重要性などを全クルーに義務付け見直しを行っていますが、この事故が起こった空港は今は倒産している。

 

 

◆まとめ

最新技術の乗り物といえど、空を飛ぶ乗り物ですから天候や気候に左右されやすく、また、人の手による一つのミスが大事故へと繋がります。
時として、たった一つのゴミであったり、小さな傷から広がって引火の原因になったりする場合もあるのです。
離陸のぎりぎりまで点検を行い、空を飛んでいく訳ですが、もちろん整備不良やトラブルが発見された場合には即点検見直しに入ります。
ですから離陸時間の変更もよくあることですが、文句を言うよりも飛ぶ前に気付いてくれた整備士に感謝し、むしろ幸運だったと思うべきなのかもしれませんね。

空の旅は今住んでいる町の明かりや、普段見慣れない雲の上を進んでいくとても素晴らしい旅です。
これからも乗客の命を預かる身として、整備に関わる空港やパイロットの徹底をお願いしていきたいですね!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. お迎えです。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。