空を飛ぶスケボが実用化!?宙に浮くホバーボードの原理って何?

この記事は2分で読めます

ホバーボード

ホバーボードの驚きの原理に迫る!一体なぜ浮いている?!乗りこなせるのか?!
「バック・トゥー・ザ・フューチャー」で登場した「空飛ぶスケボ」がもう夢の話ではなくなった!
宙に浮いたスケボ「ホバーボード」がレクサスより開発されています。

Sponsored Link


 

 

◆空を飛ぶスケボ!ホバーボードとは?

その名の通り宙に浮いておりスケボのように乗ることができます。
驚きなのはやはり今までの地面に接触して転がって走っていたローラーは無くなり、宙に浮いている状態で走ること。
ホバーボード自体が地面から浮いており、人が乗ってもそのまま浮かせた状態で走行します。
バックトゥーザヒューチャーで登場したホバーボードでは水の上では走らないとされていましたが、
公開された動画を見ると勢いをつけておけば水の上も問題なく走っている。
また水しぶきがホバーボードに当たっているところを見ると防水もあるよう。
動画ではプロのスケートボーダーがデモ走行しているようだが、スケボと同じようなトリック(技)を行っているので、多少の衝撃も問題なさそう。
耐久性もあり使い心地も良くとても楽しそうだ。

 

 

◆安全なの?

プロのテストライダーとしてスケートボーダーが試乗しているが、プロでさえスケボのように乗りこなすのはなかなか難しそうだ。
今までの地面との摩擦が無いわけなので、全く同じというようにはいかないようだ。
ホバーボード自体の耐久性は結構ありそうだが、ライダーが転倒した際にもボードが少し進んでいるので広い場所でないと衝突の危険がありそう。
場所を選ぶことと乗り手の技術が必要だろう。

Sponsored Link


無理な挑戦は絶対やめましょうー!!

 

◆ホバーボードの原理は一体何?

この宙に浮いている状態を作り出すために超電導状態を作り上げている模様。
超電導とは電気抵抗がゼロになる状態で、特殊な条件により実現が可能となっている。
この超電動体を液体窒素を使い冷やすことで、超低温まで冷やすことでこの現象を生み出しているようだ。
公開された動画でも本体から煙のように出ているのが見えていましたが、これが液体窒素の水滴ですね~。

私たちがよく知っている金や銀も超低温に冷やすことで電気抵抗は少なくなるが、ゼロの状態にはならないという。
このホバーボードに使われているのものは超電導状態になる特定の物質を混ぜ合わせて作っているのでしょう。

何回見ても不思議な光景です!(笑)

 

◆まとめ

遠い未来の物だと思っていた宙に浮く乗り物が近い将来に実用化だなんて考えてもいませんでしたが、
技術の進歩はとても素晴らしいですね。
映画で公開されていたバックトゥーザヒューチャーやドラえもんのような世界は、
「100年後」と言わず「数十年後・・いや数年後」なのかもしれませんね!
心配されるのは実用化直後の事故ですね・・
今のところ値段は数百万と一般人が簡単に購入することができるレベルではないようですが、
開発の進歩が続き、コストが減るようになれば数万くらいになるのも遠い話ではなさそう。

宙に浮くスケートボード・・一度でもやってみたいです!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. きゃりー XRライド
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。